So-net無料ブログ作成

ミッキーたちがいっぱい [旅行]

(このまえのつづき)

 

お昼ごはんもちゃんと食べたらミッキーたちに合えるといって

かなりここちゃん頑張って食べる

もちろん食べたぶん頑張ってミッキーたちとたわむれる

 (プルートいけてる)

 (ミニーはいつ合っても綺麗)

いつもながら夜はシェフミッキー

ミッキーたちがご飯を食べてると席毎に挨拶しにくる

やっぱり一番多く来てくれるのはミッキー

ドナルドらへん

貴重なのはデイジー

おそらく一日に数回

一回の食事に1,2回会えるかどうか

行く時間によったら合えないまま帰ることもあるはず

その分うちはあとの人のことも考えず

ここで十二分に楽しんでいくので

ほとんど合えるのは当然である

ミニーはかなりかわいいですね

仕草も女の子っぽいし上品

ほうずりスリスリしたくなる

来てくれる中で一番愛想いいのはプルート

結構子供と遊んでくれることが多い

心の余裕か

 

ディズニーランドに来て

ここまでシェフミッキーで満喫するのは

うちぐらいかも

まあ、明日もあるし

お腹も心も満たされたので

そろそろホテルの部屋へ帰ろう

 (おやすみなさい)

また明日一日あるから


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

お出迎え [旅行]

パパがアメリカに行ってるあいだに

もちろんディズニーランド

またまた行っちゃった

            

       (しょっぱなデイジー、かわいいでしょ)

一日目は“シー”

朝からミッキーたちがお出迎え

ミニードナルドたちもおおはしゃぎ

いろんなキャラクターたちが

かわりばんこに出てくるんだ

 

とりあえずチップデールとパチリ

これから2日間どんな楽しみが待ってるのかなー

 

 

(次へ続く)


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

アメリカ一まとめ [旅行]

チョッと一週間ほど

アメリカ、サンディエゴまで

学会へ行ってまいりました

今年二回目の海外

さすがに日本国外へ出るときと

アメリカに入るときの荷物検査はかなり厳重

これがテロ対策なのねって

無事にロサンジェルスに着くとそのまま

UCLAの大学へ講義を聴きに

向こうの大学の大きさときたら

半端じゃない大きさでした

とりあえず学生の人数が8万人

一つの町に匹敵するぐらい

大きさは山二つ分に匹敵するぐらい

もちろん大学全体は見渡すことは出来ない

本当に大きな一つの町なんです

そこの技工所の中も拝見させていただき

義眼や人工の耳や皮膚など専門に作っているらしい

 

(SFみたいでしょ、間近で観るとかなりリアル)

その技工士さんがまた日本人

           っていうからまたたまげる

日本人のほうが

そういう細かい仕事が合ってるらしい

また大学の経営も民営化らしく

大学の建物から研究室のいたるものまで全て

民間からの寄付によってまかなわれてるらしい

だから研究室の名前の前には必ず

    寄付してくださった人の名前が入ってます

 

そのあとサンディエゴに移動し学会へ

サンディエゴは海沿いの町らしく

ヨットハーバーもありすごく景観のいい町なんです

 (野生のサルも・・・後輩です)

宿泊したホテルの近かくには

軍艦やジェット機が止まっていて

自由に中を拝観できたんです

(これは軍艦の整備工場、すごい迫力)

町の南にはサンディエゴパドレスの本拠地

ペトコパークがでんとたたずんでるんです

昼間は静かな港町ですが

夜となるとショットバーや居酒屋が

光り輝きだすんです

 

学会はというと日本での学会とは一味違う

雰囲気がありましたよ

 

(ちゃんと聞いてるでしょ)

最期に南へ電車で40分ほどで

メキシコとの国境の町ティファナに到着

 (ロータリーの終点)

メキシコに入るにはただ道を隔てた陸橋を渡るだけ

審査もなんもなし

町はのどかでなんかほっこりしてましたよ

ただ町のど真ん中で

機関銃を持った兵隊が普通にいるし

  かなり気さく

こっちが写真をとろうとするのに気づいたのか

“ピースサイン”

向こうのおみやげ物の値段はぼったくり

たぶん売値の3倍以上はつけられてる感じ

みんないくつか買い物をしたものの

ほとんどが3分の1から半額以下

でも食べ物はおいしかったし

(下町はのどかやし、唐辛子のチーズづめはほんまにおいしかった)

(チョッとお酒もは言ってロデオにも挑戦)

町のおっちゃんらも陽気で楽しい町でした

  

(みんなアメリカからの脱国を望んでます?みんなかなり楽しんでましたよ)

 


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:育児

半年振りに パート② [旅行]

この前の続き

 

           

晩ごはんは

いつも通り‘シェフミッキー’でご飯なんだ

ご飯を食べてたら

‘ミッキー’とか‘ミニー’とか

みんなここちゃんの近くに来てくれるんだ

でも、ちゃんとご飯を食べないと

来てくれないんだって

ごはんがくるのもちゃんと待ってるんだ

ちゃんと待ってたらミッキーとか来てくれたよ

前までは、怖かったのか固まったりしてたけど

今は全然へっちゃら

自分からギューしに行くんだ

ギューしたら、ミッキーとかもチューしてくれるんだ

プルートももドナルドもみーんな来てくれて

みーんなギューしてくれるんだ

だからここちゃんも頑張ってご飯食べて

みんなにいっぱいギューしてもらうんだ

            

 

朝ごはんいっぱい食べたら

ディズニーランドに行って

昨日会えへんかった

‘チップ’とか‘プーさん’とかに逢いに行くんだ

        

ちょっとブラブラして

お昼には‘プーさん’のとこでお昼ご飯を食べて

           

お腹も一杯になるし

心もいっぱいになるし言うことなし

チョッと‘プーさん’とこにいたキャラクターみんな

‘ミッキー’とかに比べると

違和感を感じるのは私だけ

なんてことを思うか思わないでか

気にせずみんなとギューしたんだ

 

帰り際みんなといっぱい写真とかとって

楽しい旅行が幕を閉じました

パパがまた9月に1週間ほどいなくなるので

そのときにママがまた行こうねって言ってくれたんだ

‘ミッキー’とか‘ミニー’とかここちゃんのこと

覚えててくれてるかなー

             


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

半年振りに [旅行]

東京ディズニーリゾートの旅

        

先月私めが一人で海外で放浪してるさなか

子供らはディズニリゾートで心も身体もリフレッシュ

(やっと編集できたので遅まきながらここに報告いたします)

 

心暖にとっては初めてのディズニーシーへの来園

今まで見たことのないキャラクターもいてチョッとドキドキ

入場口でのお出迎えは誰がしてくれるんやと思ってたら

やっぱりミッキー

ディズニーランドのことを想像していたので

すんなり写真をとれたので

スタートとしては順調な滑り出し

 いつもと装いが違うグーフィー

ドナルドプルート(いつも裸やけど)もいて

楽しかったんだ

 

園の中をブラブラしてると

お茶目なチップグーフィー

その他もろもろ(名前がわからん)いて記念撮影

チョッと小腹もすいたし

レストランへ

ここにもミッキーミニー

プルートがお出迎え

ちゃんとご飯も食べれたし

ご褒美にミニーから頑張ったねのキッス

 

お腹も一杯になったので外へ

ジニーやさる(?)、ねこ(?)

 (誰だったかなー)

ピノキオチップ

デイジードナルドのパパ(?)

もちろんミッキーミニーも沢山観れたんだ

 

ディズニーランドやと人が沢山いすぎて

キャラクターとの写真とるので一苦労

でもディズニーシーだと

そんなにお客さんがいないのと

なんかそこらじゅうに

いろんなキャラクターがいるので

写真とり放題って感じ

 

とりあえず締めにキッス3連発

ミニー 

デイジー 

プルート    

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

World Cup ドイツ大会 ④ [旅行]

今回は行く前から狙ってたフランクフルトでの

ポルトガル対イラン戦15:00キックオフの日

とりあえず、午前中は暇なのでケルンまで

足を伸ばし時間があればケルン名物の

ライニッシャッシャー・ザウアーブラーテンなるものを

食べに行こうといってみた

本に載ってる一軒は人が多すぎて

一人で入れるような雰囲気じゃなく

もう一軒は本に載ってる位置を

何回まわっても見つけられずついにタイムアップ

結局ケルンビールをいっぱい飲んで

フランクフルトに逆戻り

フランクフルト空港に程近い

‘ヴァルトシュタディオン’まで

駅から森の中を抜けてスタジアムに着くと

ポルトガルとイランのサポーターが

入り乱れてる状態

こんな中、幸運が舞い降り

一人の日本人の方が声をかけてもらって

チケットをゲット

ついにスタジアムの中へ

やっぱりサッカーは生で観るものだと

しみじみ思いましたよ

(ポルトガル一色ですが

スタジアムはイランサポーターのほうが多かった)

ほんまにドイツまで来たかいがありましたよって感じ

クリスティアーノ・ロナウドのドリブルは

ほんまに速い

デコのミドルシュートも

しっかり押さえられたすーーごいシュートやし

日本のレベルは

まだまだかけ離れてるのを痛感しました

イランも前半はもしかしたらという展開もあったけど

最後はアジアとヨーロッパの差を

まざまざ見せ付けられた感じ

 (C・ロナウドのPKの後のガッツポーズ)

 (2-0でポルトガル完勝)


最終日日本に発つ便が夜の八時なので

それまでの時間何をしようか考えた末

‘ハンブルグ’まで行くことに決めた

ハンブルグはドイツの北フランクフルトから北へ

400km、3時間半のところ

日曜日ということもありほとんどの店が休業日

運河沿いに屋台が並んでいたので

そこでステーキみたいなのとピクルスをかじりながら

運河を眺めて時間をすごしちゃいました

 

(ピクルスを千円札と比べちゃいました、

みんなこれを丸かじり、でかすぎやけどおいしかった)

最初運河の遊覧船に乗ろうとも考えたけど

その便が欠航、残念

運河を眺める旅になってしまったのです

最終日がなんか尻つぼみみたいな

終わり方だったのがチョッと不満でしたが

試合を観れた反動と思って我慢

この日は日本はクロアチアとの運命の日

結果は残念ながら・・・


でもこの旅でもっとドイツ語を勉強して

言葉を理解したくなりました

後やっぱり一人でいると一番困るのが

話し相手がいない

いっつも独り言をしゃべってたような気がします


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

World Cup ドイツ大会 ③ [旅行]

今回はクロアチアとの決戦の地

ニュルンベルグから

(フランクフルトから南へ180km,2時間チョッと)

今回お世話になってるICEは

 1,2等があり

1等は日本のグリーン車

2等は自由席みたいなところ

2等はいろんな人たちが乗り合わせるため

かなり混雑する

しかし、なぜか6人一組の個室が1両に一つ二つある

ここを取れるとかなり有意義に

列車の旅を過ごすことができる

 

ニュルンベルグに到着

駅前に郵便局があったので

日本の家族に手紙を書くことにした

(まだついてない、ほんまに届くのか)

日本までの切手代が

1ユーロ140円ほどだったのがチョッと驚きでした

ここも中世のお城や教会が

沢山街中に建てられ残っている

駅から山手に少し登ったら

‘カイザーブルグ’というお城に着く

日本のお城と違って

お城と城下町が一体となってる感じ

ここで事件に遭遇

城の見張り台から町を見下ろしていると

一軒の家からおばあちゃんが玄関で躓き

頭を打って血を流して気を失ってしまったのです

通りすがりの人が応急手当をし救急車を呼んで

おそらく無事だったと思いますが

かなりすごい音がしたので

ほんまに大丈夫だったか心配ではある

この日はこのままミュンヘンまで

足を伸ばすことにした

ミュンヘンは

さらに南へ150kmほど行ったところにある

とりあえず、ワールドカップ開幕戦が行われた

‘アリアンツアレーナ’まで行ってみた

試合のない日だったので人もまったくいませんでした

帰りにミュンヘンウィンナーを食べながら

3時間半かけてフランクフルトまで


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

World Cup ドイツ大会 ② [旅行]

昨日の続きです

 

ダルムシュタットは

フランクフルト(ドイツの玄関口で、ほぼドイツの真ん中らへん)から

南へ特急(ICやICE)で15分ぐらい30kmほどのところ、

ワールドカップの喧騒がまったくないところでしたよ

とりあえずインターネットで予約しておいた

ホテルに行って荷物を置いて

(ちゃんと取れてるか内心ドキドキしながら)街中へ

街中はさすがに若い人からお年寄りまで

ドイツのユニホームを着て

ビール片手に大騒ぎしてた

(さすがに無関心なわけなく)

(やっぱりドイツといえばビールでしょ)

屋台のおっちゃんもかなりハイテンション

 (チーズの量り売りのおっちゃんです)

ど真ん中の銅像もかなり誇らしげに建っていた

(ダルムシュタットの大公ルートウィヒのもの)

腹ごしらえにバックフィシュなる物を食べ

 (パンからはみ出てるし、大きすぎ)

(何の魚かは分からない、白身系の魚)、

ドイツ戦にもかかわらずその日は疲れて

テレビを見ながら就寝

 

次の日は朝から有名なライン川下りをしに

リューデスハイムへ

 (最初は切符の買い方も分からずドキドキしました)

リューデスハイムまでの切符を買い

時刻表どうり電車が行くのを祈りながら

電車に乗り込む

リューデスハイムはドイツワインの産地らしく

ワイン畑の中に町がある感じ、

そこらじゅうにワイン畑があった

 (この畑も含め山一面ワインのブドウ畑) 

リューデスハイムから観覧船に乗って

中世の城が沢山残っているライン川を下り

コブレンツまで4時間の船旅

 (ローレライ伝説で有名な場所です)

 

ここまで来たら日本代表を応援しないでどうする

と思い電車に乗り換え合宿地ボンへ

ボンには日本人サポーターの為の基地

(G-JAMPSというらしい)もあり、

 

(ここには日本からの応援メッセージや

ここに訪れた人たちからの応援メッセージがかたどられてましたよ)

そこらじゅうに日本人があふれていた

練習会場に入るのにも

厳重な荷物検査をされて中へ

クロアチア戦前ということもあって

練習はシュート練習とミニゲーム中心

(クロアチア戦の結果は皆さん知ってのとおり)

練習後サインを子供にまじって

来てくれた選手からもらい

(うえから小野、坪井、加地、稲本、俊輔、宮本、川口選手です)

ボンからケルンを経由してフランクフルトへ

 (ケルンの駅です)

(ケルンからフランクフルトまで1時間20分ぐらい、

ケルンはフランクフルトから西へ180km) 

 

このとき初めて白夜を体感

9時になっても日本の4時ごろの明るさ

10時でやっと暗くなってきたって感じかな

身体は眠いけど視覚がそれを許さないって感じ

 

(左は9時半カメラはフラッシュなしでこの明るさ)

(右は10時過ぎ)


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

World Cup ドイツ大会 ① [旅行]

皆さんちゃんとワールドカップを見てますか

日本のふがいなさとチョッとの健闘は

どのように感じていますか

私めは一枚も試合のチケットを持たず

行き当たりばったりのドイツ旅行に

一人ぼっちで行ったきました

とりあえず向こうで宿泊するホテルと

行き帰りの飛行機、

向こうでの交通手段となる電車乗り放題のチケット

のみを持っていざドイツへ

チョッと不安を感じながら

 飛行機内からドイツをパチリ

飛行機に乗り込みまず楽しみの機内食を平らげ

チョッと早いがドイツビールを片手に

昼と夜の分をおいしく頂きました

 昼ごはん

 晩ごはん

 ドイツビール

12時間かけてドイツ、フランクフルト空港に到着

そこからフランクフルト中央駅を経て

宿泊のホテルのあるダルムシュタットに到着

ドイツの地へ最初の第一歩を踏み出しました

   (ダルムシュタット駅と構内です)

 ドイツのはじめの第一歩


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

ラストミッキー [旅行]

ディズニーシリーズ最終回

 

行った日の晩ごはんと朝ごはんは

“シェフミッキー”でごはん

‘ディズニーランド’

一番の楽しみといっていいほど

何回もキャラクターが入れ替わり立ち代り

写真はとってくれるし

サインはくれるし

ごはんそっちのっけって感じ

“シェフミッキー”で何時間おるねんっていうぐらい

何枚写真とるねんていうぐらい

撮りまくりました

ここに写真展をひらきたいと思います

まずは“ミッキー”

お次は“ミニー”

今度は“ドナルド”

 

今度は“プルート”

 

最後は朝しか登場しない“デイジー”

 

ここまできたら載せちゃへ

みんなのサインでーす

 

今度来たときも撮りまくるぞー

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。